5マシ:PFCバランスの補足と上手な付き合い方

はい、前回の記事を読んで「数字に強いデブ」になったみなさんこんにちは。

じろりあん石川です。

PFCバランスの補足

まず、タンパク質のところで1.5g~2gと幅をもたせたけど、当然1.5gに設定した人はその分不足したカロリーを炭水化物(糖質)からとっておくれよ。

考え方を復習すると

  1. 摂取カロリーの目標をきめる
  2. タンパク質を体重1㎏につき2g
  3. 脂質を摂取カロリーの20~30%
  4. 目標摂取カロリーの余った部分を炭水化物(糖質)で埋める

目標としては±10%の範囲内に収まれば大成功といっていいんじゃないかな?

例えば、タンパク質の摂取目標が100gだとしたら90~110gの範囲内に抑えようとすればよし。

 

マクロ管理法とTestosteron氏

実はこのPFCバランスの話、俺がメンター(心の師匠みたいな意味)として尊敬しているTestosteron氏(@badassceo)が提唱しているマクロ管理法と全く一緒で、彼が運営している『DIET GENIUS』ってサイトにいけば、

PFCバランス全部自動計算でだせるんだよね(白目)

でも、パクリだと思われたくないしサイトだと「何㎏をどの程度の期間で減量したいか」が出せないから全部説明させてもらったよ。まぁ計算の理屈がわかってればのちのち応用きかせられるしね。

ということで、彼のサイトのURLを貼っておく

DIET GENIUS、マクロ計算ページ⇒https://dietgenius.jp/macro-nutrient-calculator/

 

人は「軸」があるとブレない

さぁここまでめんどくさいPFCバランスを見てきたわけで、これを基にみんなに「正しい」ダイエットをしてほしい訳なんだけど、ここで一番大事なことを言います。

それは

PFCバランスに囚われてはいけない

囚われる、病的に気にしすぎてはダメということ。ここまで細かいこと言ったくせに手のひら返したようなこと言ってるように思うかもしれないが、聞いておくれ。

今までの作業は君たちのダイエットにおける根っこ、土台、軸を作る作業だ。

土台がしっかりしてる家は崩れない。軸がしっかりしてる人間のダイエットも失敗しない

目標がしっかり定まっているからカロリーを記入するたびにチラチラそれが目に入り、無意識のうちにその目標を達成しようとしてしまうんだよね、人間の脳みそってそうできてる。

何も考えずに「カロリーが低そう」とか「健康に良さそう」とかいうガバガバな基準で食品を摂取してる人間とはここでもう圧倒的に差がついてる。

だから決められた範囲内で楽しむくらいよくない???

今日は甘いもの食べちゃって、脂質と炭水化物多めになっちゃった・・・。

そんなときはタンパク質ちょっと減らして110g⇒85gにしてカロリー調整とかさ。

これが軸をもつこと、ゴールをちゃんと設定してる人間の強みだよ。

ゴールの見えないマラソンほど辛いものはない

マラソンをするとする

  1. ゴールまでの距離を教えられ、途中のタイム、残り距離がわかる
  2. ゴールまでの距離、自分が今何㎞走ったのか、何分たったのかも秘密

人はどちらの条件でより頑張れるだろうか。「2の方だ」と答える人間は居ないだろう。

ダイエットも同じだ。ゴールまでの距離がわかるから頑張れるし、ペースが早すぎだと思えば息抜きもできる。だからあまり神経質にならずに摂取カロリーとPFCバランスを意識しながら自分の体をいたわってあげよう。

「目標」は必ずしも達成すべきではない

今この記事を書いてるとき、サッカーのW杯真っただ中なんだけど、日本代表の本田圭佑選手が2010年W杯南アフリカ大会のとき、こんなことを言っていた。

「ベスト4を実現できるか、正直分からないが、実現しようとするかどうかが大事。僕自身はベスト4ではなくて、優勝を目指してもいいと思っています」

 

「優勝? それに関しては自分との格闘でしょう。弱い自分もいるし、でも行けると思っている自分もいる。いつもそのせめぎ合いです。でも、公言しないと、弱い自分がどんどん大きくなってしまう」

カッコイイ。

結果、日本代表はグループリーグを突破してベスト16に入った。公言してた目標を達成出来なかった本田選手は責められるべきだろうか?絶対そんなことはないし、これがグループリーグ突破を目標にしてたら、絶対突破出来てないって思うのは俺だけじゃないと思う。

真に大事なのは目標を達成することではなく、達成しようと努力する過程ってことなんだ。

だから目標達成できなくても自分を責めるな。大丈夫、達成できなくても成果は出るようにしてある。覚えてるかな?そのために基礎代謝も消費カロリーも低く見積もってる。

達成することが大事じゃない。だから達成できないからって投げやりになって暴飲暴食もしちゃダメだ。最後まで目標にむかって行動しよう。それが明日につながっていく。そんでもって達成してあげたら自分のことをしっかり褒めてあげる。

詳しいことはモチベーション管理編で語っていくつもりだけど、ここは大切なことだから先に言っておいた。

メソッド編も佳境を迎えてきた。次回は目標達成を手助けしてくれる強力な味方、「サプリメント」についての石川的考え方を書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です